mineo(マイネオ)は評判いい?実際にMNPして速度と料金を検証した結果

mineo(マイネオ)のメリット・デメリットをまとめてみた

2017年02月28日 01時46分

mineo(マイネオ)のメリットデメリットを詳しく紹介してみますね。

mineo(マイネオ)のメリットデメリット

僕が実際使ってみたmineoのメリットデメリットをまとめました。

mineo(マイネオ)のメリット

l_e_others_76.png3大キャリアより圧倒的に安い
l_e_others_76.png無料でテザリングが使える
l_e_others_76.png店舗に行く必要がないので楽


 

mineo(マイネオ)は3大キャリアより圧倒的に安い

ドコモ、au、ソフトバンクの3台キャリアで契約しているよりも、
あっとう的に安くなります。

僕の場合は7000円以上安くなりました。

ただ、電話を1時間以上する人はメリットが少なくなると思います。



 

mineo(マイネオ)は無料でテザリングが使える

ソフトバンク時代は、テザリングがオプション扱いだったので、
500円かかってたんですが、mineoにしたら無料で使えたのでラッキーでした。



 

mineo(マイネオ)契約は店舗に行く必要がないので楽

ネット上のやりとりと郵送で済んでしまうので、
忙しい人や、地方に住んでいる人でも契約は楽チンですね。




 

mineo(マイネオ)のデメリット

l_e_others_77.png初月契約事務手数料がかかる
l_e_others_77.pngMNP元の違約金がかかる

 

mineo(マイネオ)は初月契約事務手数料がかかる

初月は事務手数料がかかります。3000円ですね。
まあ、ない方がいいのはもちろんですが、どこのキャリアもあるんで、しょうがないですね。


 

mineo(マイネオ)はMNP元の違約金がかかる

僕の場合、ソフトバンクの方の違約金が10000円くらいかかりました。
MNPをするときのデメリットですね。

ただ、mineoからどこかにMNPするときは違約金がかからないので、
mineoはその辺も良心的なのかな?と思いました。



 

mineo(マイネオ)は電話をたくさん使わなければメリットは大きい

ご紹介してきたように、電話をたくさん使わなければメリットは多いです。
デメリットもほぼ見つかりませんでした。
データ通信主体の人は検討してもいいかもしれませんね。

僕がmineo(マイネオ)を使った結果どれだけ安くなったかを見る